« 春なのに~ | トップページ | キルトの一日 »

2008年3月 8日 (土)

これ、いいです!

仕事がら靴は365日毎日履いています。

そして一日中履いているので

このシューキーパーは大活躍してます。

Pict00051_2

シューズの形をキープするのは勿論ですが

消臭+除湿の働きもあり

香りはグレープフルーツのアロマのやさしい香りがします。

靴の中はさわやかよ~

(ホントです!香りをお届けできないのが残念!!)

わたしは若いときからおばちゃんになった今も

ヒールの靴を履いています。

若いときからこの高さが好き!

ヒールがないとかえって疲れます。

(もちろん長時間歩くときは別ですが・・・)

そいて、この靴は大のお気に入り。

ヒールを直しながらもう5-6年は履いています。

自論ですが、「おばあちゃん」になってもピールの靴を履いているような

おばあさんになりたいなあって

(でも、最近この自論に自信がなくなり、少々弱気になってきています。)

シューキーパーは友人からの贈り物でした。

おととしの夏、水虫になったわたしの足を知ってたの?

Thank  you!

またまた、パフィオが咲いたよ!

Pict00031

kikibiさんから頂いたアマリリスの様子は本日こんな感じです。

お水は週1回。日の当たるところに置いてあります。

太陽が当たってる時はカーテンの外側に置いてあります。

成長の具合、これでいいのかなあ?

Pict00021

|

« 春なのに~ | トップページ | キルトの一日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

にゃんこさんのシューキーパー、可愛い!
ウェディングっぽい感じねwink
ヒールは何cmなのかな?
私は昔はピンヒールで結構高かったけど
最近は5cmくらいかな(外反母趾で痛いので)
ちなみに、私の靴の中には
シューキーパーじゃなくて
ねずみのおもちゃが良く入っています...(;^_^A

投稿: 観鈴ちん | 2008年3月 8日 (土) 21:52

このシューズキーパー、可愛いですね。
そして、なかなかのすぐれもの。

この靴、5~6年も履いてらっしゃるとは思えない程綺麗ですね。余程、大事に履いてらっしゃるのですね。

最近では、ヒールのある靴・・すっかり履かなくなってしまいました。bearing

投稿: atsu | 2008年3月 8日 (土) 23:37

うわ~大事に履かれているのですね。
キーパーも可愛いですね。
元が良い靴だと 長持ちもしますね。
水虫になっちゃたのですか!
清潔と乾燥が一番らしいですから必需品ですね。

私はウォーキングシューズが多いので ヒールのある靴はもう履けないような気がします。
次々に花が咲くと 春なんだな~と感じますね。

投稿: ヤムヤムママ | 2008年3月 9日 (日) 00:15

観鈴ちんさん
こんにちは

鋭い観察力
まさしくおっしゃるとおり
男の子と、女の子です。
流石だね~

観鈴ちんさんの靴の中に入っている
ねずみのおもちゃって
犯人はかわいいあの子たちですか?

おねずみさんは
コロコロころがって
最終的に玄関の靴の中ってわけですね。

その最中の風景を想像すると
かわいいですね。
犯人のあの子達・・・

投稿: hana | 2008年3月11日 (火) 10:54

atsuさん
こんにちは

シューキーパー
これ、なかなかいいですよ。
わたしは結構、物持ちがいいかも・・・

バーゲンを利用して
お値段が下がったときに
購入
いろんなものを
10年は使うかなあ
いや、15年?20年?
コートは12-3年前?

投稿: hana | 2008年3月11日 (火) 10:58

ヤムヤムママさん
こんいちは

一昨年の夏?
いや秋ごろだったかしら

足の裏の小指の付け根の皮膚が切れちゃって
痛くてしょうがないので
皮膚科に行ったら
顕微鏡で皮膚を検査してもらったところ
「これ、水虫ですよ」って言われてしまいました。
水虫って男の人を連想するでしょ?
恥ずかしかったですが、
結構女性も多いそうです。(よかった)
3ヶ月はしっかり薬を塗って下さい。
治ったと思っても細菌は生きていますからね
っていわれて
3ヶ月塗り続け、今は大丈夫!
うつらないから心配しないでね?!フフフ

投稿: hana | 2008年3月11日 (火) 11:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202295/40426600

この記事へのトラックバック一覧です: これ、いいです!:

« 春なのに~ | トップページ | キルトの一日 »