« 山形県月山 | トップページ | あれは何だ?スーパーマンだ! »

2008年5月 7日 (水)

川中島の合戦の再現をあの米沢で・・

200805072

↑上杉勢   ↓武田勢

200805073

あの有名な上杉謙信と武田信玄の川中島の合戦。

長野県で起きたこの合戦の再現を

先日山形県米沢市で見てきました。「米沢上杉まつり」

なぜに長野県で起きた川中島の合戦が山形県米沢市で行われるか?

不思議に思う方は多いと思います。

その昔、上杉謙信は豊臣秀吉方に味方し

徳川家康に逆らったため、

徳川の時代になったとき、越後を追いやられ

山形県米沢に移封された話はみなさんご存知かと思います。

江戸時代の200年間、上杉家は山形米沢のお殿様でした。

その上杉謙信の子孫の一人

上杉鷹山が貧困だった米沢藩を質素倹約を実行して

藩を立て直したのも有名な話です。

成せばなる

成さねばならぬなにごとも・・・

なので、米沢にとって上杉家は江戸時代、単にわが藩のお殿様であるばかりでなく

尊敬するお殿様様だったわけです。

そんなことから、米沢市を流れる最上川の河川敷で

上杉謙信をたたえ川中島の合戦の再現が毎年行われるそうです。

ちなみに2009年のNHKの大河ドラマ「天地人」は

上杉の智将     直江兼続(なおえ かねつぐ)。

秀吉の天下統一から、家康の徳川幕府開幕へと

日本の歴史が大きく変わろうとする時、

謙信の義を受け継ぎ、景勝を支えた上杉家の重臣、直江兼続の

信義を貫き生き抜いた話が予定されている、と町中あちこちにNHKのノボリ旗が

たっていました。

楽しみ・・・

|

« 山形県月山 | トップページ | あれは何だ?スーパーマンだ! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

TVのニューとかで見たことありますが 
生だと迫力ありそうですね。
なかなかここまで大きい再現は無いのではないでしょうか?
昔は馬が貴重品でしたから 徒歩の戦いで勝敗が決まったのですね。

投稿: ヤムヤムママ | 2008年5月 8日 (木) 23:09

わぁ~っ、すごいですね。
川中島の合戦の再現が、おまつりの形で見られるのですか。写真を見ているだけでもすごい迫力ですね。
20歳の時に、司馬遼太郎の『播磨灘物語』を読んでから、歴史物が大好きで、ほとんどの歴史小説は読みました。何年か前には、ひとり、関ヶ原めぐりをして、迷子になりそうになった事も。
一度、この『米沢上杉まつり』見てみたいものです。

投稿: atsu | 2008年5月 8日 (木) 23:13

ヤムヤムママさんへ

迫力ありましたよ~
ママさんの言うとおり
馬に乗っている武将はほんの一部で
大多数は歩兵でした。
同じ日本人が戦う様を見て
今の平和な日本が続くことを祈っちゃいました。
平和ぼけして
違った意味で危ない日本になりつつあるのは
いただけませんね。

投稿: hana | 2008年5月 9日 (金) 20:31

atsuさんへ
歴史のすきなatsuさん。
機会があったら米沢へ見にいかれると
いいですよ。

投稿: hana | 2008年5月 9日 (金) 20:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202295/41121509

この記事へのトラックバック一覧です: 川中島の合戦の再現をあの米沢で・・:

« 山形県月山 | トップページ | あれは何だ?スーパーマンだ! »