« 天然あゆ | トップページ | 真剣そのものです »

2008年6月 8日 (日)

触りたいのに~

ニャンコが大好きな女子高校生が

お勉強が終わって帰るときのことです。(昨日夕方)

それまでは、いつものことですが傍らで寝ていたhanaも

見送りに玄関の見える部屋まで出てきて

バイバイ

200806071

網戸越しの光景です。

高校生いわく

「hanaちゃん、触らせてくれないんだもん、つまんない」

そうなんです、hanaは人間の傍らにいたいくせに

いざ、さわろうとすると嫌がって逃げてきます。

昨年晩秋に植えたビオラがまだこんなに勢いよく咲いています。

夏の花をうえたいのですが、まだまだ先になりますね。

200806073

200806074

ビオラ大好き!

|

« 天然あゆ | トップページ | 真剣そのものです »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あ~、それウチのフーもそうです!
ひとりがイヤで鳴くくせに抱っこがきらいで
すぐ逃げます。hanaちゃんとおそろいですね。^^
ビオラ、去年の秋のがまだこれほど咲いてますか!
hanaさんのお手入れがとてもいいのでですね♪
とっても可愛いです~shine

投稿: ささ | 2008年6月 8日 (日) 16:31

まだ、側に寄っていくだけでも・・・
トラちゃんなどは、誰を見ても威嚇しまくりです。『シャーッ』って。bearing

投稿: atsu | 2008年6月 8日 (日) 23:13

catさささんへ

フーちゃんもそうなんだ~
うれしいなあ
フーちゃんとhana
同じサビ猫さん同士でますますうれしいなあ

投稿: hana | 2008年6月 9日 (月) 10:17

catatsuさんへ

トラちゃん、そんなふうにはみえないですよ~
でも、獣医さんが言ってたけど
家猫さんの中で
その家の人にとてもかわいがられている猫の中には
よその人に対してものすごく警戒心をむき出しにする
猫さんもいるって・・・
トラちゃんはこのタイプでしょうね。

投稿: hana | 2008年6月 9日 (月) 10:21

あら そうなんですか。
よくテーブルに乗って生徒さんと写っているから 
ちょっとぐらいは触らせて揚げているかと思っていました。
側にいても さわらさせてくれないって厳しいですね。

まだ咲いてますか。
段々花付が悪くなるのにすごいわ。 
まだまだいけますね。

投稿: ヤムヤムママ | 2008年6月 9日 (月) 20:14

うちもとんちゃん以外は人が来ると
さ〜っといなくなりますよ。
にゃんこってそんなものですよね。

ビオラって可憐で可愛いですね。
ブログのお友達にビオラさんて方がいるんですけど
その方を想像しました。

投稿: kyochan | 2008年6月 9日 (月) 21:18

catヤムヤムママさんへ

だれかのそばにいたがるくせに
家の人以外がさわるのはNGなんですよ。
だから、猫好きな生徒さんは
ものたりないみたいです。

3年前まで
hanaの姉妹を飼っている生徒(当時は女子高校生)さんが来ると、しきりににおいをかぐのですが
触ろうとすると
逃げてしまってました。

こんなhanaです。
よろしく。

投稿: hana | 2008年6月 9日 (月) 21:30

catkyochanさんへ

偶然ですが昨日のkyochanさんのブログを拝見して
うちもだって思いました。
パパさんを大好きなトンちゃんですよね~

投稿: hana | 2008年6月 9日 (月) 21:39

hanaちゃん、ウチのげんと一緒ですよ~
げんもスリスリしてくるくせに
なでられると長くはもたず・・・・。
自分の好きなようにすりつけたいんで
しょうかしらねhappy01

投稿: カエル子 | 2008年6月 9日 (月) 22:38

catカエル子さんへ

へ~げんちゃんもそうなの?
ニャンコってこういうパターン多いみたいですね。
でも、その変がまたまたかわいい所ですよね。
実はコメントを書いている今、
わたしのそばにhanaはやってきました。
呼んでもこないくせに
呼ばなくても自分が来たいときはそばに来て
すりすりします。
「そのマイペースなところが好き!」
藤原紀香さんのコマーシャル風に・・・

投稿: hana | 2008年6月11日 (水) 10:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202295/41462450

この記事へのトラックバック一覧です: 触りたいのに~:

« 天然あゆ | トップページ | 真剣そのものです »