« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

クリスマス飾り

まずは、

ここ最近頂戴したコメントにお返事してないことを

お詫びします。

明日から連休なので・・・

そのときまでご勘弁下さい。

コメントをくださいました、皆様~

どうもありがとうございました。

で、

今年もクリスマスの時期になりました。

kyochanさんに頂いたキルトの飾りを出す時期になりました。

今年も(これから先ずっと)お世話になります。

ほんとうにありがとうheart04

200911303

200911304

さささんに頂いたキャオちゃん、フーちゃんの写真も飾りました。

お元気ですか?

わたしは元気ニャ

200911301

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

オリヴィエート(イタリアの旅秋編5)

春に残してきた魂を呼び戻しにオルヴィエートへ・・・

魂が洗われる、そんな凜とした田舎町

田舎町なのになんで、こんなにすてきなのか???

それもそのはず、ローマ法王が戦いのとき逃げ隠れるために用意された町だったとか。

そのためにイタリアで3本の指に入るドォーモがあります。↓

2009112712

教会の中です。

2009112717

天空の町

200911272

200911274

よく歩きました

200911275

200911277

ニャンコちゃん、ボンジョルノ~

200911276

こんな所にもニャンコが・・・・・

オリーブの木工細工の店で!

2009112711

2009112710

2009112716

職人さんの町だからいろんな店があります。

2009112715

2009112713_2 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

パンテオン(イタリアの旅秋編4)

完全なる古代ローマ建築の遺構であるパンテオン

キリスト教だけでなく、全ての神を奉る神殿

みなさんも中学の社会科の教科書では見みたことあるでしょ?

わたしもそんな程度の知識しか持たずに行ったけれど・・・

世界最大の石造り建築で

その広さ・大きさ・建築技術の高度さは

建築した当時(紀元118年)そのまんま・・・

とにかくローマは紀元前何年とか紀元100年とか

スケールが違いすぎます。

日本の紀元100年頃って

弥生時代で竪穴式住居よねぇ~

ローマ人って信じられないくらい優秀な人類。

で、たしか教科書に乗っているのはこの外観よね。

2009112430

中はこんな感じ2009112431

天井に直径9メートルの天窓が開いています。

小さくみえると思いますが

これで直径9メートルsign03

この建物のでかさを

みなさまも再確認できたと思います。

とにかくスゲッtyphoon

唯一の光源となっています。

2009112433

2009112435

上の写真でもわかると思いますが、祭壇がいくつかあります。

左から3つの目祭壇がラファエロの墓だったとか???

帰ってきてから知りましたcrying

ウエディング姿のお二人さんが神殿を一周してました。

日本人の新婚さんです。

企画したツアー会社は商魂たくましいですね。

2009112437

神殿まえのロトンダ広場

2009112436

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

その他ローマの風景

コンスタンティヌスの凱旋門

パリにある凱旋門はローマのこの凱旋門をまねしたものです。

ナポレオンがパリにも凱旋門を作らせるように命令したそうです。

2009112412

ホロロマーノ

2009112418

ヴェネツア広場のエマヌエール2世記念堂

2009112426

2009112424

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

あたしの出番はないのかニャ

200911241 

ゴメン、ゴメン、

いい子のhanaやん、健在でございまするぅぅぅ

200911243

お怒りのそのお手手、さやにもどしておくんなさいませ~~

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

フィレンツェ(イタリアの旅秋編3)

1日目と2日目は花の都フィレンツェへ

ウフィツィ美術館見学

NoPhotoだったのでリンク先を見てね。

ピッティ宮

フィレンツェでも指折りの商人カール・ピッティが15世紀後半に建てた私邸

その後数人の人の手に渡りながら拡張され

1859年まではトスカーナ大帝の住む宮殿になったとう宮殿↓

中はNoPhotoで写真はないですが、

ここはバチカンと肩を並べるくらい迫力がありました。

とにかく展示物はすごかった!

絵画はピッティ宮内パラティーナ美術館で見学

200911185

ドゥオーモ

200911189_2

フィレンツェの町

200911184_2

街角で

200911183

2009111814

ウインドウ

息子におみやげを・・・

2009111815

クリスマスディスプレイ

参考になります

2009111816

 

夕暮れの町

2009111811

2009111812

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

サンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会(イタリアの旅秋編2)

イタリア・ローマにあるサンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会

200911151

17世紀初めに建てられた教会です。外装は地味ですが

中に入ってビックリ

バロックの建築装飾の典型的なものの一つで撮影OK!

(今回訪問した建物の内部はほとんどがNoPotoでしたが・・・)

荘厳な内装をご覧下さい。

200911155

200911154

そして名作はここにあった!

バロック彫刻の最高峰

ベルニーニ作「聖テレーザの法悦」が↓

200911161

200911159

クリスマスのミサはさぞやすごいんだろうなぁ~

hanaもいつかは行ってみる?

2009111512

どうしようかニャ~?

飛行機はファーストクラスなら付いてくニャ

贅沢いわない!もちろん、エコノミーですよ

2009111511

ケッ、エコノミーニャか。

じゃ、お留守番のほうがいいニャ

お嫁にいったおねえちゃんに

よ~くお世話してもらったニャ

おねえちゃんの婿殿にもスリスリしたそうです。

いつもはしないのに・・・

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

目元口元だんごっ鼻・・そっくり(イタリアの旅秋編1)

親子三代

三人が並んで撮った記念写真です

はずかしながら、だんごっ鼻はそっくりです。

血は争えません。

フィレンツェのホテルにて

(元貴族の住まいだった館:でもお値段はリーズナブル)

200911143

フィレンチェ:シニョリーア広場にて

まるで美術館のような広場です。

200911149

ベッキオ橋で

200911145

ローマのトレビの泉にて

200911147 

コロッセオにて

200911146

コロッセオで見つけたニャンコちゃん

格闘する自分の出番を待っているのかしらね。

2009111410

サンタンジェロ城から・・・遠くに見えるはバチカンのサンピエトロ大聖堂

200911148

娘はよく母の手を引いてくれました。

感謝

200911142

200911144

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

母と娘で

20091105

実は

今日のお昼発のJALでイタリアへ行って参ります。

と、いうのは・・・・

春、わたしが行ったイタリアの写真を眺めながら

80歳になる母がしみじみと言いました。

母「いい所ねぇ~」

わたしがつい・・・「行ってみたいの?」とたずねると

母「そりゃぁ行きたいけど・・・でもねぇ~」

ということで、

清水の舞台から飛び降りた訳です。

母をイタリアへ連れて行くのは、これがラストチャンス。

ここで連れて行かないと、きっと後悔すると思い

決心しました。

母娘:親子3代で行って参ります。

連日仕事。帰ってきて始めた荷造りが、今やっと完了です。

朝6時出発です。

行って参ります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

お届け物で~す

hanaさん、わたしのママさんから

お届け物ですよ~!と、言っているのは

だいきちさんの手作り猫クッションさん

200911021

「まあ~わざわざありがとう!猫クッションさん」happy01

包みをあけてみるとと

200911022

「かわいいセサミの袋~」ではなく・・・

更に開けてみると・・・

200911023

hanaにはかわいいクッション

わたしにはお手紙と香炉

ありがとうございました。

「hana,来てごらん」

200911025

見えにくいと思いますが舌を出して喜んでいます。

200911026

「やあねぇ、ママじゃないんだから

どっこしょじゃないでしょ」

200911028

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »