« ヴァチカン市国(イタリアの旅秋編6) | トップページ | kyochanさんのキルト »

2009年12月 7日 (月)

ここでも潜ってます

今日はいいお天気ですねぇ

お掃除して・・・洗濯して・・・

で、

hanaは何処?

200912075

あれれ???何かあるみたい・・・

200912076

想像通りのスチエイションでした。

どこかにも潜っていた方がいましたが、

そのお方(ブレイド君)は遊びの一環の潜伏でしたよね。

このお方(hana)はひたすら寝ているだけです。

まッ、寝顔のかわいさに免じて許すとしましょうか。(親ばかです)

200912077

hana、庭に行くよ~起きないの~

200912072

のっそり、出てきました。

シクラメンもたまには日光浴です。

200912074

かわいいビオラニャ

200912073 

小さい花はかわいいですね

200912071

|

« ヴァチカン市国(イタリアの旅秋編6) | トップページ | kyochanさんのキルト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

hanaちゃんはお布団で潜ってくれるのがいいですね。
カーペットは危なくてしょうがないです。
お天気の良い日は日向に出ないとね
植物も動物も元気になりますね。

投稿: ヤムヤムママ | 2009年12月 7日 (月) 19:46

hanaちゃ~ん。そんな所にいたのですね。
可愛い寝顔に癒されます。

投稿: atsu | 2009年12月 7日 (月) 21:49

hanaちゃんそんな所に〜(^_^)
横で添い寝したいなぁ〜怒られそうだけど(笑)
本当、小さい花って可愛い!
写真に癒されました☆

投稿: タラ | 2009年12月 8日 (火) 13:29

お布団に潜ってお昼寝はいいですよねーcatface
外が寒いところでヌクヌクと…。
冬の朝はなかなか布団から出られません。


ちっちゃくてきれいなお花たちですね。
しかし、hanaちゃんの寝姿もたまらんです。

投稿: きなこもち | 2009年12月 8日 (火) 21:46

久し振りに沢山hanaちゃんのお写真沢山拝見しましたnote
どの表情も可愛くて癒されますが、寝姿はダントツlovely
うちのフクも寝姿を見てるときが一番癒されるかな。いえ、もういてくれるだけで一番ですよね。
親バカになる気持ちわかります。
hanaさんのお庭広くて綺麗なお花も沢山あるので、hanaちゃんも嬉しそうですね。
次回でペルーのレポ終了するので、近々フクのお披露目しますね。

投稿: 志保子 | 2009年12月10日 (木) 11:04

うふふっhanaちゃんすっぽりかぶって
お昼寝ですか~(≧∇≦)
気持ち良さそうですね。
私も一緒に寝かせてくださ~いヽ(*≧ε≦*)φ

投稿: カエル子 | 2009年12月13日 (日) 00:37

spaヤムヤムママさんへ
ブレちゃんの潜っている様子を拝見して
そうだ、ここにもいるぞ、と思い
ブログにしました。

投稿: hana | 2009年12月13日 (日) 10:51

spaatsuさんへ
これはひざ掛け程度の敷物の中なので
どうやって入ったのか
想像がつきますが、
想像付かないような所にも
入り込んで寝ていますよ。

投稿: hana | 2009年12月13日 (日) 10:55

spaタラさんへ
どうもありがとう
怒らないように言い聞かせておきます。
女性には怒らないのよ
男性のお客様や生徒さんには
手出しをすると
威嚇しますが・・・weep

投稿: hana | 2009年12月13日 (日) 10:58

spaきなこもちさんへ
今度いっしょに寝てみますか?
やだぁぁ
私じゃなくて
hanaとよ
へへへ

投稿: hana | 2009年12月13日 (日) 11:00

spa志保子さんへ
ペルーの旅は
標高が高い分
大変でしたね。
行ったことがないし、
あまり知識もなかった分
興味深く拝見しました。(してます)
フクちゃんに早く会いたいです。
たのしみlovely

投稿: hana | 2009年12月13日 (日) 11:03

spaカエル子さんへ
どうぞ、どうぞ
いらして~
hanaもげんちゃんのママだから
大歓迎ですよ
なんせ、げんちゃんはパトロールの師匠ですから
heart04

投稿: hana | 2009年12月13日 (日) 11:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202295/46958993

この記事へのトラックバック一覧です: ここでも潜ってます:

« ヴァチカン市国(イタリアの旅秋編6) | トップページ | kyochanさんのキルト »